ウェルネスデータベース(WDB)導入事例 (株)エレパ 「かかりつけ医検索システム」

ウェルネスデータベース(WDB)導入事例 (株)エレパ 「かかりつけ医検索システム」

ELP_demo_img1.png
事例のポイント1、モバイル端末ではなくあえて据え置き機を病院内に設置することで、受診回数の多い高齢者からの利用を促進した。
2、WDBを利用することで、データの精度が保たれる。
製品名かかりつけ医検索システム
製品の特長1、幅広い地域をカバーした施設データ
2、かかりつけ医紹介の人でや手間の負担を軽減
3、パソコンに不慣れな患者でも使用可能なUI
4、カラーユニバーサルデザインで色覚特性に配慮
5、印刷機能により病院から診療所への橋渡しを強固にした
クライアント株式会社ELP(エレパ)
業種ソフトウェア開発、パーソナルコンピュータ及び事務用品の販売・レンタル・サポート

病院と診療所の連携を強める検索システム

ELP_demo_img2.jpg

かかりつけ医とは、日本医師会では「健康に関することを何でも相談でき、必要な時は専門の医療機関を紹介してくれる身近にいて頼りになる医師のこと」と説明しています。

患者にかかりつけ医を普及させ、病診連携と役割の分担を最適化させるためにELP様の「かかりつけ医 検索システム」を採用する医療機関が病院を中心に広がっています。

あえて"キオスク端末"で利用者に優しく

広い世代でモバイル端末が普及したことで、患者が医療機関を探すことは容易になりました。株式会社ウェルネスでは複数の病院検索サイトを運営する企業にデータ提供していますので、そういった検索用のデータとして医療機関情報の重要性が増していると感じます。

しかし、高齢者にとっては、自分に合った医療機関を知らべることにまだ不慣れな方も少なくないのが現状です。特に医療機関の受診回数の多い高齢者にとって、この検索システムが日常生活の健康管理とかかりつけ医の普及に重要な橋渡し役として機能していると言えます。検索システムによって今まで高齢者へ届き難かったウェルネスのデータがELP様を通じて届きやすくなりました。

従来の1/5に大幅な省スペース化に成功

(before)
ELP_demo_img3.jpg (after)
ELP_demo_img4.jpg (※画像は実際にシステムを導入した病院の写真をイラスト化したものです。)

この端末を導入した病院では、以前は病院と連携する登録医を紹介するリーフレットを作成し、それを閲覧できるコーナーを設置していました。病院が地域支援病院の指定を受けたことを機に、連携登録医や地域医療機関を誰でも簡単に探せるこの検索システムの導入を決めました。

システム端末は非常に省スペースであることも特徴の一つです。これまで設置されていたリーフレットは印刷機能も備えるこの端末に一本化され、従来比で5分の1に省スペース化に成功しました。また、リーフレットを一つずつ探す手間も省け、1日あたりの利用者数は300人を超える日もあります。

様々な切り口から直観的な操作で検索

ELP_demo_img5.jpg 大きいタッチパネルを搭載し、色覚特性がある方にも見やすいカラーユニバーサルデザインが採用されています。導入する病院の希望する機能・検索方法に合わせたデザインの調整が可能です。

高齢者1人でも直観的な操作が可能で、その場で印刷することもできます。検索の方法も多数用意され「病院の登録連携医」「科目」「地域」「名前」「電話番号」と検索が可能です。

一方で病院の職員の方には様々な場面で活用できる医療機関データベースとして使用し、患者と医療提供者の両面から業務を支援しています。

ウェルネスデータベースの特徴

1、豊富な項目数
1000に及ぶ豊富な項目を取り揃えています。また、それらを組み合わせた最適なデータベースをご提案します。

2、届出データ準拠
都道府県から公表される医療機関情報に準拠しているため、公的な調査統計にも使用可能です。

3、丁寧な独自調査
ウェルネスでは公表情報だけに留まらない独自調査を行っています。診療時間や駐車場の数といった細かな情報も独自調査により取得しています。

ウェルネスデータベースは検索サイトで使用されるような科目・住所といった切り口から、病院の地域シェアや医師の偏在を調査するにも対応できるよう様々な形で施設データを提供することが可能です。

inquiry