業界初! "医療法人・医療機関" 連携データベース

業界初! "医療法人・医療機関" 連携データベース

inquiry

貴社の業務チェック!~このような企業様がご導入対象です~


下記チェック項目があてはまる場合は、業務改善のチャンスです。

このような業務をされていませんか?


◆厚生労働省などのサイトから公表データを取得している

◆国税庁から公表される法人番号データを取得している

◆取得したデータを社内のデータベースと結びつけている

◆医療機関へ電話をかけ法人情報を聞き出している

◆不達返送された郵送物のデータを手作業で修正している



このような経験はありませんか?


◆同じ法人名であったが無関係であったことが発覚した

◆法人や施設の統廃合で債務関係の把握に苦労した

◆市場調査したいがデータの鮮度が悪く手間がかかった

◆施設ごとのデータしかなく法人間の比較ができない

◆データの入力規則が不統一で突合に不備があった


inquiry

法人単位での医療機関の統合イメージ


法人番号1_適用前画像.png
法人番号2_適用後画像.png



法人番号を利用されたお客様の声
◆法人でまとめられたことで債務関係が整理された。
◆医療法人の地域シェアが把握できるようになった。
◆既存法人顧客の別施設への販路が拡大した。
◆決算情報と合わせることで法人を適切に評価できるようになった。

法人営業から経理までの医療機関データを一元的に管理するためには、医療法人データと医療施設データの精度を両立し維持する必要があります。しかし、しばしば片方あるいは両方の管理が不十分であるために業務が煩雑になることがあります。


例えば、組織が大きくなるほど部署ごとに取引を管理するようになり、別の部署とデータを連携する場合には管理コードの統一化や施設情報の更新が必要となります。ところが、データの入力ルールが不統一であったり名称や住所が古いままであったために、互いのデータが一致しないことがあります。これによって法人や施設の全体像を把握することに多大な負担が発生します。



医療法人単位の動向把握が医療業界全体の把握に不可欠


法人シェア_病院の施設数.png法人シェア_診療所の施設数.png
民間法人による運営施設は、病院で8割、診療所であっても5割を超えています。



9万5000施設を超える病院・診療所がどのような運営形態であるかを把握することで顧客管理の利便性が向上します。しかし、近年では後継者不足や経営状況の悪化、さらに業界再編による法人のM&Aも活発になっています。そのため、どの医療機関がどの運営法人に属すかといった変更情報の把握が難しくなってきています。


しかし、大手医療法人を除く中小規模の医療法人はWEB上の情報が少なく、また公表されているデータも多種多用で不統一なフォーマットであり、データ収集の作業効率が良いとは言えません。また、データベース全体の鮮度を保つにも大きな手間がかかります。



医療法人・医療機関 連携データベースは、上記のようなデータベースの修正作業やマッチング作業の手間を省き、負担の大きい業務を大幅に軽減・改善します。




"医療法人ごと"に可視化して比較することが重要

厚生労働省などから公表される医療機関情報は個別施設に関するデータです。そのため特定の地域に限った医療資源の分析といった施設単位の集計・分析に範囲が限られます。例えば「黒字決算の医療法人単位の都道府県別の割合」のように法人単位での分析を行いたい場合には、まず個別施設を法人ごとに集計する必要があります。
施設別比較.png


医療法人データベースによって、医療法人と医療機関データを横断的に集計し、医療法人同士で比較をするためのパラメータを可視化します。例えば、M&Aや与信調査といった場面で決算情報やコスト構造の分析を効率化することが期待できます。また、医療法人が地域で担っている医療資源の量を把握することにも役立ちます。


eriabubble1.pngeriashare1.png


法人同士の比較はもちろん医療機関毎の地域におけるポジションの比較にも役立ちます。種別手術数・稼働病床数・外来患者数などの地域シェアの可視化や、医師数や看護師数から従業員の生産性を把握ができます。法人データベースの活用により損益計算書・貸借対照表の可視化により財務状況を把握し、さらに施設ごとの収益性や地域で担う役割まで医療経営の可視化を促進します。



03-5685-7511

当社データベーススペシャリストがお問合せをお待ちしております。